HOME >耐火物 > 高炉用

高炉用

高炉は鉄鉱石をコークスと石灰石で還元・熔融して銑鉄を造る設備で、炉頂より鉄鉱石、石灰石、コークスなどが炉内に層状に装入されます。高炉の下部より吹き込まれた熱風により、コークスが燃焼し、鉄鉱石を還元して炉底に銑鉄が溜まります。石灰石は鉄鉱石中の不純物と結合してスラグとなり、炉底の銑鉄の上に溜まります。

各部位に応じた具備特性を持った耐火物の重要性

一般に高炉は、シャフト部、炉腹部、朝顔部、羽口、出銑口、炉底部から構成されており、黒崎播磨は多くのお客様での経験と知見をもとに、各部位に応じた具備特性をもった耐火物を選定し、設計エンジニアリング及び製品を提供致します。

高炉用煉瓦の必要具備特性

  • *装入物に対する耐衝撃性や耐磨耗性
  • *耐COガス性
  • *耐アルカリ性
  • *耐スポール性
  • *耐溶銑性、耐スラグ性
  • *耐溶銑浸透性

消耗炉材の開発

黒崎播磨は、高炉本体の建設用煉瓦に加えて、マッド材(出銑孔充填材)や樋材(出銑樋の施工材料)などの消耗炉材の開発にも注力しており、各所で豊富な実績を有しております。

このページのトップへ