HOME >耐火物 >高炉用 > 高炉出銑口

高炉出銑口

出銑口煉瓦は、耐スラグ性、耐溶銑性、耐アルカリ性、耐スポール性、耐酸化性、マッド材との接着性などの多くの具備特性が要求されます。また、構造的には安定性とガス洩れ防止の観点から大型煉瓦が望まれます。

お客様のニーズと我々の経験をもとに、最適な出銑口をご提案

黒崎播磨は、国内・海外の多くのお客様に高炉出銑口を納入し、豊富な経験と知見を蓄積してきました。
○耐溶銑性と耐酸化性に優れた高アルミナ質のALMーSCシリーズ
○耐アルカリ性に優れたSiC質のCRD-BFSシリーズ
○耐スラグ性にも優れたAl203-C-SiC質のCRD-BFTシリーズ
など、豊富なバリエーションを取り揃えております。
黒崎播磨は、これらを最適に組み合わせた出銑口をご提案いたします。

納入前の入念な仮組検査の実施

納入に際しては、現地での高精度施工及び短時間施工を実現するために、出荷前の仮組み検査が入念に行われます。

高炉出銑口部位の断面

高炉出銑口部位の断面

このページのトップへ