HOME >耐火物 >二次精錬炉用 > RH下部槽

RH下部槽

上部槽同様の性質を兼ね備えつつ、高い熱間強度が必要

下部槽の耐火物は、上部槽と同様に耐スポール性と耐食性の双方を兼ね備えている必要があります。特に、鍋スラグによる侵食に加えて、トップランスからの酸素吹き込みにより生じたFeOによる侵食が大きく、耐食性は重要な具備特性となってきております。 下部槽の中でも特に環流管は厳しい使用条件に曝されるために、高い熱間強度を必要とします。 耐火物はマグ・クロ質が主流でありますが、適用部位によりダイレクトボンドとセミリボンドが組み合わされて使用されます。

損傷形態に応じた部位毎の材質選定・環流管廻りの最適な構造設計をご提案

黒崎播磨は数多くの経験をもとに、損傷形態に応じた部位毎の材質選定のみならず、最適な構造設計(特に環流管廻り)を行い、お客様の好評を得ております。

下部槽イメージ図

下部槽イメージ図

このページのトップへ