HOME >耐火物 >二次精錬炉用 > RH浸漬管

RH浸漬管

中子鉄皮の変形防止構造をご提案

一般的に浸漬管は中子鉄皮を芯金として、内側が定形煉瓦で、外側が不定形耐火物で構成された複雑な構造を有しております。 上昇管側内面煉瓦は環流ガスによる磨耗を受けるために、熱間磨耗性の高いマグ・クロ煉瓦が適用されます。 長時間使用に伴う中子鉄皮の変形は、浸漬管の寿命に大きく影響するため、黒崎播磨は耐火物材質の選定に加えて、中子鉄皮の変形防止構造の提案も積極的に行っております。

仮組みした状態の高精度の築造煉瓦を納入

浸漬管内面の煉瓦は精度の高い築造が要求されますので、黒崎播磨は多くのお客様向けにそれらを仮組みした状態で納入させていただいております。 浸漬管と下部槽の接合部煉瓦目地が先行して損傷するような場合は、専用のジョイントシートを準備しており、お客様から高い評価を得ております。

浸漬管イメージ図

浸漬管イメージ図

ジョイントシートの外観

ジョイントシートの外観

このページのトップへ