高性能なセラミックスで、精密機器開発・宇宙事業に貢献

BUSINESS

事業紹介

セラミックス事業


セラミックスの可能性を追求し、
価値ある製品を創造する

金属、プラスチックと並ぶ材料の三大要素のひとつが、「セラミックス」です。
世界に先駆けて「プラズマ溶射技術」による表面コーティングを適用したセッターにより、電気特性の安定と高耐久性をお客様に提供し、電子部品焼成コストの低減に貢献します。

耐火物もまたこのセラミックスに分類されますが、セラミックス事業で取り扱う製品と耐火物との大きな違いは、粒子(組織)が細かく、均質であるという点です。
このため、耐摩耗性、耐熱性、断熱性、低熱膨張、高硬度、高絶縁性、耐薬品性に優れるという特性をもち、今後さらに伸びていく分野だと考えられます。

黒崎播磨では「ファインセラミックス」「電子部品焼成用道具材」「サーマルセラミックス」の3分野をターゲットとし、それぞれに主力となる製品を展開。
オーダーメイドにも対応し、お客様の用途に応じた最適なセラミックス製品を提供しています

ファインセラミックス
(FC)

部品の製造、組み立て、製品 部品の製造、組み立て、製品

強度、硬度、耐熱性に優れ、
宇宙分野にも活躍する素材

宇宙分野にも活躍する素材

ファインセラミックスは金属と比較して剛性があり、硬度が高く、低熱膨張、軽量などといった特性を有し、高精度な加工が可能。超精密装置用部材として優れた特性を発揮します。

おもにパソコン、スマホ、自動車、家電製品などに欠かせない半導体(CPU、メモリー)の製造工程で使用される半導体製造装置の主要部品に採用されています。また精密測定装置の校正に使用する基準器などにも使用されています。

さらに近年では、衛星用構造部材や、地球観測・光データ通信衛星用光学部材といった宇宙分野にも展開し、新しい用途で社会に貢献できるよう技術を磨いています。

主力製品 NEXCERA™

超低熱膨張セラミックス。室温近傍ではほぼゼロ膨張となる点が最大の特長です。
低熱膨張ガラスに比べ高い剛性を備えており、軽量。これまで実現が難しかった複雑形状を付与することが可能です。

電子部品焼成用道具材
(電材)

部品の製造、組み立て、製品 部品の製造、組み立て、製品

生活に欠かせない通信機器・家電・車などの製造工程を支える

電子部品焼成用道具材

今や多くの通信機器、家電製品、自動車に使用されている積層セラミックコンデンサ(MLCC)。小型ながら静電容量範囲も広く、ノイズ除去や電源電圧の平滑化、フィルタといったさまざまな回路で使用されています。

この積層セラミックコンデンサを焼成するために使用される「セッター」として、黒崎播磨の電子部品焼成用道具材(プラテクト)が使用されています。

今後は電子部品焼成プロセスの変化に対応した高機能製品開発や、電子部品以外の分野にも技術展開していきます。

主力製品 プラテクト®

世界に先駆け、「プラズマ溶射技術」による表面コーティングを適用したセッターを開発・製造。電気特性の安定と高耐久性実現し、電子部品焼成コストの低減に貢献します。

サーマルセラミックス
(TC)

部品の製造、組み立て、製品 部品の製造、組み立て、製品

熱をコントロールし、あらたな“熱の価値”を提供する

サーマルセラミックス

黒崎播磨のサーマルセラミックスは、おもに「断熱材」「ヒーター」「景観レンガ」といった商品に採用されています。
いずれも熱の制御に優れており、高い耐熱性・断熱性・加工性を備えています。

耐火物から得た熱計算・熱応用の知識を活かし、建設業・メーカーだけでは補いきれない知識や技術を提供することが当社の強みのひとつです。

近年では地球温暖化対策としてCO2削減が大きく叫ばれる中、断熱材・ヒーター・熱制御が可能な景観材を通じた熱マネジメントを行うことで、水素をはじめとした再生可能エネルギーの開発による燃料電池車の開発など、省エネルギーや環境改善に貢献します。

主力製品 高機能断熱材 WDS®

静止空気をしのぐ低熱伝導率を実現することで、優れた断熱性能を発揮。省エネルギー装置の小型化、軽量化などに貢献します。
また家庭用燃料電池(エネファーム)の断熱材としても活躍しています。