社員インタビュー(技能職)「耐火物の上流工程に関わるという責任」

RECRUIT

採用情報

松本 成史

自分たちの仕事が、
鉄鋼業を支えている。
丁寧さこそ黒崎播磨製品
品質につながる。

機能性製造事業部 AG工場 AG生産技術グループ

山下 真人2011年入社

「耐火物とはなんだろう?」興味を持ったことが黒崎播磨への第一歩。

黒崎播磨を志望したきっかけと、面接の印象を教えてください。

画像

先生に就職先として勧められたことをきっかけに黒崎播磨を知りました。まず「耐火レンガとは一体なんなのか?」と興味を持ったんです。 高校では工業系の科目を取っていましたが耐火物については知りませんでした。今までまったく接したことがない分野だったんですが、だからこそ「耐火物とはなんだろう? やってみたら面白いかもしれない」と感じた。知りたいという興味が、志望した理由です。

面接はとにかくフレンドリーな印象でしたね。まったく緊張せずリラックスして話せました。もちろん黒崎播磨を選んだ動機なども聞かれましたが、ハンマー投げをやっていたおかげか「握力はいくつ?」といった、他の企業にはなかったユニークな質問もありました。先輩の話などからも楽しそうだと感じていたことに加え、この面接のやり取りから素直に「ここで働きたい!」と思いました。

上流工程に関わる緊張感。単純なように見えて、繊細さが要求される作業。

現在の業務内容を教えてください。

AGノズルの成形に使用するCIP機(冷間静水等方圧プレス)

製鉄所で使用される鋳造用AGノズルなどの成形を行っています。これらは耐熱性、耐食性に優れております。 この成形作業では配合(決められた割合で原料を混ぜた合わせたもの)の充填手順があらかじめ細かく決められていて、非常に神経を使うんです。配合の種類も多いですし、その充填方法も千差万別。考えることは多岐にわたります。

特に気をつけるのは、充填した際に均一になるようにすることです。ただ単に配合をモールド(型)に入れるだけではなく、ムラがないように調整する。こういった細やかな気配りを少しでもおろそかにすると、欠けや破損に直結します。そうなるとお客様に提供する製品とは認められません。
成形作業は、製造の中でも上流工程にあたり、黒崎播磨製品の品質に直結します。非常に緊張感のある仕事です。

あいさつから生まれるコミュニケーションが、よい製品につながる。
丁寧な仕事を仲間とともに。

日々の業務内で、気をつけていることは何でしょうか?

まず大切にしているのはあいさつです。私たちはひとりきりで仕事をしているのではなく、チームで取り組んでいます。そうでなくとも、あいさつは礼儀やコミュニケーションの面からも欠かせない要素ですよね。親しき仲にも礼儀あり。こういった何気ないことの積み重ねが信頼となり、よい仕事、よい結果へとつながると思っています。

作業時は特に丁寧さを心がけています。根幹にあるのは「よりよい商品を提供したい」という思いです。外的な要因により防ぎきれない部分があるとしても、欠けや破損はお客様の信頼低下にも繋がりますし、自分たちの効率にも影響します。手順一つひとつを大切にすることが、お客様の満足度につながっているという意識を常に持って、作業にあたっています。

上流工程を担当している。その責任と、製品が出荷されたときの喜び。

特にどういったときにやりがいを感じますか?

画像

成形には細心の注意が必要なので、集中力・精神力は必要ですね。充填作業の中でどう治工具を使い分けるか、治工具を入れた時にムラにならないか。また多種多様のAGノズルをそれぞれ間違いなく配合を充填する必要があるからです。

だからこそ、自分が関わった製品が出荷されると心の底から嬉しいんです。無事にお客様の工場で使用され、お客様の製品づくりに活躍する。自分の作ったものが日本の産業の一端を担っている。そう考えると、これまでの作業が報われる気がするんですね。

破損やミスに対し「なぜそうなったのか」まで突き詰める。
妥協せず、黒崎播磨ブランドに応えていく。

先ほど「欠けや破損に直結する」とおっしゃっていましたが、そこに対してはどのような対策を行っていますか?

先ほども言ったように、私たちの作業は非常に繊細を極めます。しかも全工程の中でも上流にあるため作業ミスには人一倍敏感かもしれません。破損が出たらすぐに班で共有し、「何が原因なのか」を全員で突き詰めていきます。「破損が出た、だから次は気をつけよう」というざっくりとしたことではなく、「なぜ起きたのか」まで考え、対処することが肝要なんです。

改善提案のミーティングは毎月定期的に行われています。こちらでもさまざまな意見交換を行い、日々の業務改善につなげています。みなさんこの仕事にプライドを持って作業しているので、改善する手間を惜しむことはありません。一丸となって黒崎播磨のブランドを守り、さらに高めていこうという意欲があります。この仕事に就いて8年ほどになりますが、あらためて気が引き締まる時間だと毎回感じています。

休日は家でゆっくりと体を休める。仲間とゴルフで汗を流すことも。

では、交替制勤務、休日の過ごし方などについてお聞かせください。

私たちの仕事には朝・昼・夜の3交替制があります。朝番だと6時から業務を開始するため明け方4時くらいに家を出ますし、夜勤の場合は23時から仕事が始まります。サイクルに慣れるまでは戸惑いましたが、ここでも先輩たちとコミュニケーションを取りながら徐々に生活自体を自分のものにしていった感じです。

通勤には40分ほどかかりますが、実家暮らしのため休日はとてもゆっくりできます。黒崎播磨は部活も盛んで、私はおもにゴルフを楽しんでいます。他にはツーリングや野球などを楽しんでいる方もいるようで、みなさんそれぞれのやり方でオフを満喫していますね。

日本の生活を牽引する耐火物。
機械的にこなすのではなく、感受性も大切にする作業。

最後に、就職活動を行うみなさんにメッセージをお願いします。

画像

私たちの生活には鉄が欠かせませんが、その鉄を製造するためにあるのが耐火物です。耐火物は本当に一般的には知られていない素材ですが、言うなれば、私たちの仕事がないと日本の製品は作れないし、生活そのものも成り立たない。見えない部分で日本を牽引しているのが耐火物であると言っても過言ではないと感じます。

個人的には、学生のみなさんにも「耐火物とはなにか」ということを体験してもらいたいなと思っています。充填し、成形するという単純作業の中にどれほどの繊細さが求められるのか。充填する配合や治工具はきっちり管理してますが、作業の中でそれらに少しでも違和感があれば上司に報告します。そういった、ある種の感受性のようなものも大切にしています。

決して目立つ仕事ではないし、もしかしたら泥臭い作業だと思われるかもしれません。でもそこには、仕事に携わる人たちの「より良いものを提供したい」という思いが込められています。そしてそれが日本の鉄鋼業、ひいては産業全体を支えている。この循環の中にあることを仲間とともに楽しみながら、これからもよい製品を作っていきたいですね。