社員インタビュー(技術系)「機械工学の知識を活かした製品開発」

RECRUIT

採用情報

石丸 智哉

自分なりの“仕事の楽しさ”を
見つけられる環境で、
理論だけに頼らず
現実と対峙していく

エンジニアリング部 SNエンジニアリンググループ

千々岩 駿2015年入社

モノづくりが好きだったから進んだ進路。応用がきく幅広い研究に打ち込む。

ではまず、大学の専攻や研究内容などを教えてください。

画像

大学では機械工学科に所属し、工作機械を用いた難削材の切削評価などを研究していました。難削材とは、簡単に言うと「加工しづらい材料」のこと。硬く削りにくい、粘り気があり溶着が起きたりするなど、硬度があるものだけではなく、通常の方法では加工が難しいものも含みます。
卒業研究でも、この難削材の切削加工を取り扱いました。

もともと小さい頃からモノづくりがすきで、機械や建築物に興味があったんです。

その中でも機械系を選んだのは、材料力学など、建築にも応用がきく部分があるからでした。興味があることを幅広く勉強できる大学生活はとても充実していました。

先輩社員との座談会・笑い声もあるリラックスした面接。
黒崎播磨の人柄に惹かれた。

黒崎播磨を志望したきっかけや、面接の印象などについてお聞かせください。

地元が福岡市ということもあり、工業系の企業が多い北九州地区を調べていたときに出会ったのが黒崎播磨です。機械に特化している企業は多いですが、その中でも任せてくれる範囲が多い点ーーたとえば、図面を引くことだけを極めるということではなく、さまざまな業務に携われるという点も魅力的でした。

面接ではフランクな印象を覚えました。アットホームというか、堅苦しさがまったくないんです。面接の前に若手社員の方との座談会があったのですが、質問には本当に率直に答えてくれましたし、待っているときに面接室から笑い声が聞こえたのにも驚きました。

もちろん自分の面接も自然体で臨むことができました。よくある質問に加えて趣味についての質問などもあり、自然とリラックスできました。他の会社にはない記憶が自分の中に強烈に残り、「ここでならおもしろい仕事ができるのでは」と思ったんです。

トラブル対応、評価試験。
大学時代の研究を活かせる環境で、幅広い業務に携わる。

機器と組み合わせて鉄の流量制御に使用される耐火物(SNプレート)

北九州の本社地区にあるエンジニアリング部に所属し、主に鉄の流量制御に使用される機械に関する業務に携わっています。お客様へ提供する製品の制作状況の管理や、お客様からいただくお問い合わせ、トラブル原因の調査といった外部対応のほか、部品の強度計算やラボでの評価試験など幅広い業務に携わっています。

お客様の工場に設置された、鉄の流量制御を行う機械に使用しているボルト、軸などの強度計算などは、大学で学んだ材料力学を活かせていると感じます。ほかにも引張強度の計算など、CADというソフトを使用したシミュレーションの実施も行っています。ざっくりと言うと「機械に関する何でも屋」という感じでしょうか。

机上の空論ではないのが“仕事”。
その中で聞こえる「ありがとう」の声がやりがいになっている。

仕事をやっていく中でのやりがいや、難しい点はなんでしょうか?

画像

やはりお客様からの「ありがとう」が聞けたときです。お客様はトラブルがあって私たちに相談をしてくる。その中で課題になっている部分を見つけ、改良を行うことでお客様の工程が改善される。お客様の力になったのだと実感できたときが、一番やりがいを感じます。

難しい点を挙げるとすると、「大学の研究では計算通りになっていたことが、ここではまったくそうならない」点ですね。同じ機械でもお客様の環境によって使われ方が違うため、理論上ではありえないことが起きるんです。

たとえば、「想定以上に熱の影響がある」「空冷のためにエアーを使用しているが、その中に水分が残っていてサビが発生してしまった」などということは、シミュレーション上は起こりえないことです。こういった予想外のことが常に起きるのが仕事なのだと、毎日気が引き締まる思いで過ごしています。

日々変化していく現場の中であらためて感じる「ホウレンソウ」の大切さ。

仕事上気をつけている点や、先輩の印象などをお聞かせください。

「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)が大事」だということはみなさんも知っていることだと思います。しかし実際に案件を担当するようになってからは、このホウレンソウの重要さを痛感するんです。
特に外部とのやり取りでは納期が決まっているのが通常です。そういうときに「今なにをすべきか」を逆算して考えることに加え、このホウレンソウを徹底しておかないと、毎日の変化にはついていけません。

部署はみんな仲がよく、質問もしやすい雰囲気です。最初の頃は特にわからないことも多かったため、先輩にはためらいなく質問していました。その中でも人によって対処法がさまざまだということも知り、日々の業務の中でパターンの異なる手法を学ぶことができていると感じています。

ゴルフなどでリフレッシュ。休日も部署の垣根を超えた交流がある。

休日はどんなことをして過ごしていますか?

画像

最近は部署のみなさんとゴルフに行くことが多いです。最初はあまり興味がなかったのですが、やってみると予想以上におもしろいんです。私は寮暮らしなのですが、そこの近くに練習場があるので仕事終わりにリフレッシュを兼ねて行っていますし、土日は別の部署の人とコースを回ることもあります。

黒崎播磨の特徴として、みなさんとても親しみやすいという点があると思うんです。これは面接のときに感じたフランクさ・アットホームさそのものだと感じます。部署の垣根を越えた交流も多いですね。

工学系への知名度を上げるため、自身もリクルーターとして活躍する。

では、千々岩さんが考える黒崎播磨の強み・弱みとはなんでしょうか?

強みはもちろん、製鉄業に欠かせない“耐火物”を取り扱っているという点です。製鉄産業がなくならない限り需要があるというのは、大きな強みだと感じています。またその技術自体もトップクラス。国内シェア率の大きな部分を占めているというのは、確固たる技術がもたらす結果なのだと思います。

対して弱みに当たるのが、工学系への知名度の低さではないかと感じています。私自身、合同説明会や大学での講演会・説明会などでリクルーターとしてプレゼン活動なども行っていますが、そこでの学生の反応を見ると、いまだに機械系への浸透率が低いなとは感じています。ここでの知名度・認知度を上げることがいずれ黒崎播磨の技術力にもつながってくるため、できる限りリクルーティング活動にも協力していきたいですね。

思い描く「社会人像」にこだわりすぎない。
業務の中に楽しさを見出すことが、仕事の醍醐味。

では最後に、これから就活に臨む方へメッセージをお願いします。

画像

黒崎播磨では就業時間の前後を活用したり、職場と調整して長期休暇を取得するなど、プライベートを充実させている方もいます。ただやはりそこは仕事。当たり前ですが大学時代ほど自由ではないため、旅行などにはぜひ学生のうちに足を運んでおくといいと思います。

工学系の学生さんだと、図面や計算に特化した仕事をイメージすると思います。しかし少なくとも、黒崎播磨ではそうではありません。ひとつの作業を黙々と極めるのではなく、お客様対応も含め幅広い対応力が求められる。しかし私自身は、こちらのほうがより知識を得る機会も多く、「いろんなことをやれるんだ」と毎日が楽しいんです。

思い描く理想の社会人の姿、仕事のあり方などはみなさんそれぞれ胸の中にあると思います。しかし、そこにこだわりすぎることは無意味ではないかと、実際に働き出してからは思うんです。
もし、希望と違う仕事をやらなければいけなくなったとしても、視野を広く持つことでいかようにもできる。いろんなものに触れることこそが仕事であり、困難を突破する力になるーーそういう感覚を持つ人とぜひ、一緒に黒崎播磨で働きたいですね。