社員インタビュー(技術系)「セラミックス素材の開発・マネジメント」

RECRUIT

採用情報

石丸 智哉

ふたつの「焼き物」に
関われるのが黒崎播磨。
知識・技術を組み合わせ、
“10年後”の種をまく

セラミックス事業部 ファインセラミックス品質技術グループ

平松 真悟2016年入社

地元の有田焼などを通じて、「焼き物」に関わる大学時代。

大学の専攻についてお聞かせください。

画像

佐賀にある大学で物質化学を専攻していました。その中でも地元佐賀の有田焼を用いて、「赤の色をどうすればもっと鮮やかに出せるか」といった研究を行っていました。
「セラミックス」と聞くと耐熱性・耐食性などにすぐれた近代的な素材だという印象をもつ方も多いかもしれませんが、基本的には土器・陶器といったものを含む「焼き物」全般を指すんです。

大学院ではさらに研究を深め、蛍光体の研究なども行っていました。歩道などに設置されている安全標識の中には、昼間のあいだに太陽光を蓄光し、夜間に光るようになっているものもあります。この場合の耐久性、つまり雨に濡れて水分を得たとしても割れにくくするにはどうしたらいいか、という研究にも携わっていました。

素材開発から関われる企業で働きたい。就活の中で感じた、黒崎播磨の人柄。

黒崎播磨を志望したきっかけや、面接の印象についてお聞かせください。

就職活動では、セラミックスーー前述したように、広い意味での焼き物や、化学材料となる分野を取り扱っている企業を探していました。特に素材開発に携わりたいという気持ちが軸にあり、探していく中で地元九州にある企業として知ったのが、黒崎播磨でした。

面接の前には若手社員の方との座談会もあり、「なんでも聞いていいよ」というフランクさに親しみを感じました。本当に正直に答えてくれるため、就活をやっている学生から見ると「本当にここまでしゃべるの?」と驚きました。もちろん面接では定番の質問もあり、その双方からのアプローチにメリハリと現実味を感じました。

製品開発をマネジメント。海外との緊張感あるやり取りも。

大型・複雑形状のセラミック製品は高い技術が求められる

現在は、ファインセラミックス部での半導体関連製品の製造や、新規案件の開発などに携わっています。引き合いのあるお客様を訪問し、スペックなどを打ち合わせ、製品仕様の提案から納品まで一連の流れに関わっています。

納品時には実際にお客様にこちらに足を運んでいただいたり、それまでには協力会社との打ち合わせなどもあります。研究・開発だけではなく、海外を含めた社外とのやり取りが多いのも私がいる部署の特徴かもしれません。
就活のときには「お客様や海外とのやり取りもできるところ」という点も重要視していたため、実際にそれに関われているのはとてもうれしく思っています。

また、自社内での開発にも関わっています。今すぐに製品化しないものでも、10年後、20年後に実を結ぶような研究に関われるというのは非常にワクワクしますね。

「伝え方」で製品の未来が決まる。
やり取りに齟齬を起こさない配慮が、次の引き合いを生む。

仕事をするうえでの心構え、意識していることなどは何でしょうか?

画像

「自分がやりたいことをどうやったら伝えられるか?」、これを大切にしています。社外の方とのやり取りも多いため、特に気をつけている部分ですね。
連絡手段にはもちろんメールもあるのですが、文字ですべてを伝えるというのは非常に難しい。もし齟齬が起きてしまうと、そもそも製品自体が成立しなくなってしまいます。そうなると引き合い、つまり次回へのリピートがなくなってしまう。やり取り一つひとつに製品の未来がかかっているという意識を持って取り組んでいます。

これは私ひとりではなく、部署全員での共通認識でもあります。自分だけが理解しているという状態では仕事として成立しません。今はまだ英語でやり取りをする案件は少なく、そのぶん先輩にじっくりサポートしてもらっています。私たちの仕事には専門用語も多く、特に言語が異なるとニュアンスひとつで受ける印象までも変わります。非常に繊細で、気配りの必要な作業が多いです。

「製品をリピートしたい」。お客様の課題を解決した瞬間のよろこび。

仕事をする中でやりがいを感じる場面を教えてください。

「製品をリピートしたい」とお客様から連絡が来ると、「いい製品を作れたんだ」と実感します。やはり製品開発というのはシビアな世界で、他の会社がよりよいものを作ればそちらが選ばれ、こちらへのリピートはなくなります。製品ひとつの利益率なども認識しているので、リピートは率直にモチベーションにつながりますし、同時にそうなるようにするのが自分たちの仕事である、とも考えています。

お客様はなんらかの課題を抱えて私たちに発注・相談をしてくださっています。それに対する解決策を提案し、採用され、リピートという評価をいただく。このいいサイクルを持続し、さらに新規案件へもつなげていくのが私たちの研究が実を結んだときなのだと思います。

セラミックス・耐火物。ふたつの軸から生まれる相乗効果。

では、平松さんが考える、黒崎播磨の“強み”は何でしょうか?

画像

「焼き物」というジャンルの中でもセラミックスと耐火物の二軸を持っていることだと感じます。セラミックス中心であるという企業は多いとしても、耐火物とセラミックス、両方を主軸においている企業は少ないと思います。
耐火物は鉄鋼業で、セラミックスは精密機械・電子部品分野で活躍する。日本の基幹産業であり安定的な需要がある鉄鋼分野と、比較的あたらしく、開発の余地が十分にある分野であるセラミックス分野。どちらの分野にもシェアを持っているということは大きな強みでしょう。

また、社内でそれぞれにある「焼く」技術の共有もできる。完全に同じ部分をカバーするわけではありませんが、相乗効果という点でも期待ができるのではないかと考えています。社内・社外を問わず、かなり伸びしろのある分野がセラミックス事業だと感じています。

夜釣りやライブ。それぞれの休日を楽しむことができる環境。

休日の過ごし方についてお聞かせください。

休日はフットサルや釣りなどでリフレッシュしています。私たちは土日休みの常駐勤務のため、交替勤務のある同期と一緒に行くときは平日の夜釣りも楽しんでいます。近くに体を動かす場所が多いのも、職場がある北九州の魅力のひとつですね。

黒崎播磨の人たちはみなさんフレンドリーで、年代や部署を問わずゴルフや釣りなどさまざまな趣味を共有しています。ライブに行くのが好きだという社員の方と話が盛り上がったりもしますし、そういうところが当社の人間性としても表れているのかもしれませんね。
ほかには、私は地元が佐賀と近いため、定期的に帰省して地元の友人と遊ぶことも多いです。

研究をやりたいのか、製造に携わりたいのか。
「自分なりの軸」をもつことが大切。

では最後に、これから就活に臨む方にメッセージをお願いします。

画像

何を軸に据えるか、何なら妥協できるか。これを決めて就職に臨むことをおすすめします。特に大学で研究を行っていると、研究そのものに主軸を置きがちになるかと思います。その中で「製造に関わりたいのか」「基礎研究をやりたいのか」といった、自分なりのベストを決めておくことがまずポイントになると考えます。

もうひとつは、メーカー(製造業)でありがちなのですが、ジョブローテーションを許容できるかどうかという点です。研究一筋という方が多い業界ですが、私自身は社外の方とのやり取りを行うなどの幅広い業務に携わり、エンドユーザーとも関わり合いながら、「耐火物」という別の製品がある環境にいることを楽しんでいます。さまざまな接点があるからこそ、ネットなどではまだまだ遅い「ここだけの話」といった最新のトレンドをキャッチできるのだと実感しています。

そしてまたこれからは国際化も進みます。私自身も英語力を身に着けなければなりませんし、当社の教育制度にも改善点はあると考えます。
そういったさまざまな情報や要素がある環境の中で自分を高めていきたいという人はぜひ、黒崎播磨に来てください。きっと10年後、20年後に今よりもっと、おもしろい仕事ができると思います。