社員インタビュー(技術系)「有機材料の知識を活かした製品開発」

RECRUIT

採用情報

高橋 朋子

長期的な信頼が
収益に結びつく。
業界を牽引する企業で、
素材に真摯に向き合っていく。

窯炉製造事業部 備前転炉工場

高橋 朋子2017年入社

大学で研究したことがそのまま活かせる。学業と仕事の相性の良さ。

学生時代の学科と、現在の仕事内容についてお聞かせください。

画像

大学では材料創造工学科に在籍し、窒化珪素を用いてエポキシ樹脂の熱伝導度を上げる研究上げる研究をしていました。
黒崎播磨には、大学で学んだ知識を活かしたいという思いで応募しました。実際に大学での研究内容との共通点が多く、私自身も仕事とのマッチ度の高さを感じていますし、大学の後輩も多数、弊社を受けていると聞いています。

実際の業務では、大学で使用していた装置とまったく同じ装置を扱うこともよくあります。たとえば、SEM(走査電子顕微鏡)やXRD(X線回折装置)です。
「耐火物」という単語だけを聞くと馴染みがないかもしれませんが、これらの装置を使っていると聞くと、耐火物を身近に感じる理系学生はたくさんいるのではないかと思います。
有機材料を研究している学生にとっても、レジンなど研究との共通点が多く、耐火物と馴染みやすいのではないかと感じます。

工程と工程をつなぐ役割を担う技術職。新製品の開発も。

仕事内容を詳しくお聞かせください。

現在、備前転炉工場で製造に携わっています。所属としては「生産技術」になり、工場で不具合・不良などが起こった場合、工場に駆けつけて対応するのが私の仕事です。

具体的には、工場の中で耐火物が欠け・割れなどを起こした時に現場担当から連絡が入ります。原因と対策を検討するために現場・現物を確認し、工程改善や設備改善を検討し、再発防止・歩留まり改善に取組んでいます。工程と工程をつなげ、工場を円滑に運営していく役割ですね。

一方で、新しい製品を考案することもあります。新規材料を開発するために、粘質の測定や温度依存性などを調査したり、繰り返し同じ試験を行い、再現性を確認したりします。
不具合が起こった際の原因究明や対策、新製品開発など、業務内容は多岐にわたります。

現場の意見を受け止め、
真摯に製品に向き合う。
すべての人から「OK」を
もらった時の達成感。

どんな時にやりがいを感じますか? 印象的な出来事などがありましたらお聞かせください。

画像
①転炉のイメージ図 ②転炉に溶けた鉄を流し込む様

工場に配属されて間もない頃は、工場内で製造される耐火物に不適合品が発生した場合、先輩と一緒に現物確認を行っていましたが、ある程度仕事の流れが分かるようになってからは一人で現場に向かうようになりました。初めて現物確認を行ったときは心細くも感じましたが、結果報告書を作成し、先輩や上司にも了承をいただけた時は嬉しかったです。

その他にも、再製造になったれんがについて、予定通りにできているか製造工程ごとに追跡したこともあります。各工程の担当の方にも都度「この品質で大丈夫ですか?」と確認し、すべての方から「OKです」と言っていただけた時には、とても大きな達成感がありました。同時に、本当に小さな欠けものひとつでもおろそかにできないのだ、ということもあらためて感じました。

出荷までの長い道のりの間で、先輩や上司、様々な工程の方に助けていただいたり、サポートをしてくださった方々のありがたみを感じた出来事でした。

「なんとなく」では伝わらない。
根拠を示し自分から動くことで、周りの信頼を得る。

皆さんで協力する体制ができているんですね。他にも印象的なエピソードはありますか?

画像

製造中にロット単位で不良が出て、製品の数が足りないという状況になったことがあります。それに対応した時の学びも印象的でした。

工場では当然、いつまでにどれくらいの数の製品を出荷しないといけないというのは決まっています。私が担当していた不適合品に再製造が必要になり、そのことをチームに伝えなければいけませんでしたが、仕事に慣れていないこともあって、当初はうまくチームに伝えることができませんでした。また、もともとある程度の余裕を持って製造計画をたてているので、それほど心配する内容ではないと思われていました。

しかし、現場現物を確認した私は、今回の製造不具合に対しては、単純な再製造では同じトラブルを発生させる危険性があると感じました。対策を加える必要があり、どれがどのくらい足りないのか、今回のトラブル状況と改善手法をもう一度、自分なりに根拠をまとめ、出荷担当者や先輩など関係する皆さんに伝えました。

すると皆さんも「これは大変なことだ」と危機感を持って動いてくださり、無事対応できました。
もちろん、いつでも助けてもらえる体制がすでに整っているからということもあるかもしれません。しかしいずれにせよ、なんとなく伝えるのではダメなんですね。
自分で何とかしようと動き、関係するメンバーにきちんと伝えることができた時にはじめて、周囲の協力を得ることができる。学生時代には感じることがなかった達成感と、チームの底力を感じる出来事でした。

短期的な収益よりも、長期的な信頼。
採用担当者から直接聞いた言葉が、黒崎播磨で働きたい気持ちの原動力。

では、そもそも何をきっかけに黒崎播磨を知ったのでしょうか?

大学時代の先輩が「セラミックス協会の学会に出るから、勉強がてら一緒に行こう」と声をかけてくださいました。そこで出会った企業のひとつが黒崎播磨です。
その時にお話した採用担当の方が「当社の製品は、長期間使用できる高い品質が特徴です」とおっしゃっていたんです。しかし、長期間使用できるということは、新しい製品を購入していただくまでにも時間がかかるということ。これは損なことなのではないか? と考えた私は、率直に質問しました。

そこで返ってきた答えが「安かろう悪かろう、では短期的には売上が上がっても、長期的に技術に対する信頼を損ねてしまう。何より国内トップシェアの企業としてこの業界を牽引するという役割もある。きちんとした品質・技術を提供し、そこから売上を得るのが当社です」というものでした。

この言葉は深く私の中に残りました。その時はまだ学部生だったのですが、技術職として入社したいと強く思い、大学院に進学し、そこからあらためて就活に臨みました。

「粉まみれでも大丈夫」。
素材・製品に関わりたいと胸を張って言えた面接。

学会がきっかけだったんですね。では、実際の面接の印象はどうでしたか?

画像

技術職を希望していたため、面接では「技術職は粉まみれになる。特にカーボンは黒いから真っ黒になるけど、いいの?」と聞かれました。ただ、私はすでにその時から研究室で同様の素材を扱っていて、まったく抵抗はなかったんです。
「今でももう、爪の間にカーボンが入っていてきれいに取れないんです」と話すと、面接官の皆さんがあたたかく笑ってくださいました。

私にとって、汚れる、色がつくといったことはささいなこと。ずっと材料や製品に触れていられたら楽しい、という思いが強かったので、正直な気持ちを伝えました。
こういうストレートで、かつ人間味が感じられるやり取りは、今でも印象に残っています。

しっかりとしたコンプライアンス。社員一人ひとりの気配りを感じる。

では、実際に入社されてからの印象や、休日の過ごし方などについてお聞かせください。

休日は家でのんびりすることが多いです。周りには釣りなどを趣味にしている方もいますが、私はマイペースに過ごしています。
実家は広島なのですが、帰省する際には電車を使っています。電車が好きで、ゆっくりと2時間ほどかけて帰るのも楽しいと感じています。

入社して驚いたことのひとつに、福利厚生の充実と高水準の給与があります。「れんがを作る会社」というイメージとの、いい意味でのギャップでした。
また、セクハラ・パワハラに対するコンプライアンスがしっかりしていることも感じています。企業としてだけではなく、社員一人ひとりが気配りをもって行動しているのが、日常の何気ないやり取りからもうかがえますね。

100年の歴史をもつ“プロフェッショナルの技”。
それを受け継ぎ、発展させるのが自分たちの役割。

仕事をするうえで意識していること、心構えはどんなことでしょうか?

画像

現場・現物・現実の「三現主義」です。たとえ写真で見ても、現物を見ないとわからない点は多くあるため、かならず現物を見て処理を行います。これは先輩からもしっかりと教えられている点なので、私ひとりではなく、社の体制がそうなっているのだと思います。

黒崎播磨の強みは、どの工程にもその道のプロフェッショナルがいること。すべてをオートマティックにできれば効率的なのかもしれませんが、実際はもっと繊細な作業ばかりです。それに対応できる技術者がいることが、当社の何よりの強みだと感じています。

同時に、その技術継承を行っていかなければならないという使命感もあります。
熟練のプロがいるという強みは、裏返すとその人たちがいないと成り立たないという弱みにもなり得ます。
この100年の歴史の中で培われた技術、体制、人間関係などのさまざまなものを受け継いで、さらに次の世代に伝えていくのが、私たちの真の役割ではないかとも考えています。

伝統と、新しさが共存しているのが黒崎播磨です。伝統と新技術を求める方は、黒崎播磨に来てほしいですね。ぜひ一緒に、新しい価値を見出していきましょう。