社員インタビュー(営業職)「耐火物とお客様をつなぐ営業職」

RECRUIT

採用情報

松本 成史

商品は会社の“顔”。
海外展開を視野に入れ、
価値ある製品と
お客様をつないでいく。

第一営業部 大分支店

外本 啓裕2016年入社

ありのままの自分を引き出してくれた面接。
最前線である現場で、お客様の課題と向き合う。

面接の印象や、仕事内容についてお聞かせください。

大学では文系の学部に所属していました。地元九州でBtoB※に携わりたいと考えていたところで黒崎播磨を見つけ、エントリーしました。面接では「好きな食べ物をPRしてください」と言われ、必死で対応したのを覚えています。驚きましたが、威圧的な部分は一切なく、ありのままの自分を引き出してくれた面接だったと感じています。

入社後、いい意味でのギャップを感じたのは、人事や総務といった文系出身にありがちな職種に配置されなかったことです。現在営業として勤務していますが、現場の最前線に立ち、製品の使用方法や解決方法を求められる。会社のアイデンティティとも呼べる部分に深く関わっていると実感しますね。

※BtoB…Business to businessの略。法人顧客向けのビジネスを指す。

売上だけを求めるのではない。
担当するお客様の課題に深くコミットする「営業職」。

技術的なことなどを場面も多いのではないでしょうか?

画像

入社するまではもちろん、耐火物というものを深く知りませんでした。そのため最初はお客様へ説明するのも、自分が理解をするのにも苦労しました。しかし、技術は日々進歩するものです。入社当時よりも知識が深くなったとはいえ、毎日が勉強であることに変わりはありません。

業務内容も幅広く、売上管理から在庫管理などの事務的なことから、製品改善の提案、新規案件への参入といった技術的な部分にも関わっています。現場に足を運ぶことから管理業務まで一貫してやれるので、非常に効率がいいですね。

営業というと、一般的には売上を棒グラフにし「みんなで新規顧客を獲得するぞ!」といった様子を思い浮かべるかもしれません。しかし私がやる「営業」は、担当するお客様の課題に対し深くコミットし、課題を解決する。売上だけを求めるのではないというのは難しい側面もありますが、担当のお客様に集中できる環境は自分の性に合っていると感じますね。

課題を「聞き出すチカラ」で、他部署とお客様との架け橋となる。

営業の立場として、どのように課題解決に臨むのでしょうか?

お客様からいただいた課題は、すぐさま共有します。製造部門や研究部門には「この会社には現在このような課題があるから、それに対応した製品や技術がほしい」と相談し、ニーズに応えられる製品づくりを行っていきます。お客様と研究・製造部門の橋渡しーー架け橋のような立ち位置ですね。

この仕事で一番大切な能力は、「聞き出すチカラ」なのではないかと思っています。お客様の潜在的なニーズや課題を引き出し、それを、製造部門、研究部門、開発部門に伝える。そこで作られた製品や技術について自分がヒアリングし、またそれをお客様へ伝える、という循環には、この聞き出す能力が不可欠なのだと感じています。

「いい製品を提供したい」。
社員のやわらかな人間性が、製品にも反映されている。

たくさんの人と関わっていくんですね。人間関係で気をつけていることはありますか?

画像

他部署とは仕事以外での交流も多いです。コーヒーブレイクを楽しんだり、食堂で一緒になったときには他愛もない話をしたりして盛り上がっています。お客様に提供する製品は私が「作ってくれ」と頼むだけではできない。関係するみなさんの力が集まって初めてやれることなんです。そのためにも常日頃からきちんと顔をみてコミュニケーションを取ることを心がけています。

とはいえ、それを無理にやっているというわけでもないんです。面接でも感じたフランクさという黒崎播磨の方々の印象は、入社後もまったく変わりません。人当たりがやわらかく、部署にこだわらずに接してくれる。良い製品を作りたい、お客様に良いものを提供したいとみんなが思っているから自然とコミュニケーションが取れるんですよね。

企業理念にある「世界一」を実現するためには?
品質の高さを武器に、海外を視野に入れて動いていく。

営業の視点から見た黒崎播磨製品の強みとは何でしょうか?

当社耐火物製品の一種。高温・高圧に耐える高い耐久性を誇る。

やはり総合耐火物メーカーとして幅広い技術を備えているところと、その品質の高さです。また、素材の研究から耐火物の施工、エンジニアリングといった一貫した総合ソリューションを提案できるというのは、黒崎播磨ならではの強みですよね。

一方、更なる成長という点では海外展開は必要不可欠と思っています。日本の耐火物メーカーとしては海外売上高トップですが、海外のトップ企業にはまだ及びません。当社が掲げる事業目標は「世界一の顧客価値の実現」。世界的にも通用する製品・技術なのだとアピールし、認知されるためには何が必要なのかということは、みずからも考えてアクションを起こしていきたい部分ですね。

プライベートもしっかり。
コミュニケーションを取りながら、ほどよく肩の力も抜ける環境。

海外展開など、仕事に深く携わっていきたいという意欲を感じます。普段はどのように過ごしていらっしゃいますか?

先ほども話したように、部署を問わずみなさんとても話しやすい。ひとりで悩みを抱え込むということもないし、相談したらチームみんなで「じゃあこういう案は?」と意見交換ができる。黒崎播磨の人たちの柔軟性を感じます。

とはいえ、絶えずガチガチに考えているわけではないんですよ。話した内容だけを見るとずっと仕事に縛られているようだとびっくりされるかもしれませんが、プライベートも充実しているんです。現在は大分にいるので、たまに温泉に入りに行くこともあります。

何気ないところに耐火物から生まれたものがあることを知る。
だからこそ、耐火物はおもしろい。

これからどのようなことにチャレンジしていきたいとお考えですか?

画像

事業目標とも通じるのですが、「お客様にとって一番価値のある会社になる」ということです。商品というのは会社の顔です。商品価値を上げ、お客様の満足度を上げていくことがすなわち私たちの価値の向上でもある。特に私たち営業職はお客様とじかに対面するので、自分たちが商品であるとも言える。必然的に人一倍学ぶことが多いのも事実です。

耐火物は日常生活では使用する機会もないですし、耐火物そのものを見かけることもありません。しかしこうやって仕事をしていく中で、生活に必要なさまざまなモノを作る素材として使用されているーー社会で活躍しているのだと気づくんです。
耐火物を通じて、たくさんの人や生活に触れているという実感がある。

「人の目に触れないからこそ面白い」ーーそれが耐火物である。それに携わっているという意識を心に刻んで、これからも仲間とともに黒崎播磨で価値ある仕事をしていきたいですね。