社員インタビュー(技能職)「工場における耐火物の品質管理」

RECRUIT

採用情報

石丸 智哉

前向きな
コミュニケーションを大切に、“知らないこと”にも
恐れず飛び込んでいく

第一営業部 名古屋支店 名古屋営業グループ

石丸 智哉2014年入社

駅伝から知った「黒崎播磨」の名前。
耐火物に接したことはなかったが、面接の雰囲気に惹かれた。

黒崎播磨を志望したきっかけや高校時代の学科、面接の印象などについてお聞かせください。

画像

黒崎播磨の名前を覚えたのは、地元福岡ということもあって駅伝で知ったのがきっかけだったと思います。その後知り合いが勤めているということを知り、話を聞くうちに就職先の候補のひとつとして意識しはじめました。
ただ、高校は普通科に在籍していたので、特に溶接などを行っていたわけではなく、もちろん「耐火物」がどんなものかも知らなかったため、試験を受けるにあたって多少の不安はありました。

しかし、実際の面接はほとんど緊張することもありませんでした。そしてそこで感じた人柄ーーとっつきやすい、話しやすい、相談しやすい、といった印象は、入社して数年経った今も変わっていません。黒崎播磨の社員に共通するキャラクターと言えるのかもしれないですね。

黒崎播磨・施工業者・運搬業者。設備をつくる“3つの歯車”を円滑に回す橋渡し役。

現在の仕事の内容を教えてください。

現在は、名古屋の新日鉄の製鉄所で「サービスエンジニア」として勤務しています。高炉という設備での耐火物施工作業の進捗状況を管理しているのですが、私の仕事の特筆すべき点は、黒崎播磨と外部の業者をつなぐ“橋渡し役”だということですね。

作業には3つの歯車があると考えてもらうとわかりやすいかもしれません。
まず1つめが私たち黒崎播磨。作業用の材料を提供します。2つめが材料を運ぶ運搬業者さんです。そして3つめが、施工業者。用意された材料をもとに実際の作業を行ってくれます。

私がおもな業務としているのは、この3者が工程表どおりに動けるようにさまざまな調整を行うこと。自分で手を動かすこともまれにありますが、おもにこの3つの歯車がスムーズに動くようために働きかけるのが私の仕事です。

現場管理・品質管理にかかわる。スピーディな連絡がポイント。

具体的にはどんな作業になりますか?

不定形耐火物の製品例

基本的にお客様から「この工期で、こういう施工をしてほしい」というご要望をいただきます。それにあわせ、黒崎播磨の高砂不定形工場(兵庫県)に「こういう連絡をいただいたので、この材料を〇〇日までに用意してほしい」と連絡します。同様に運搬業者さんには「この日までにこの材料を用意するので、現場に持ってきてほしい」と。いずれもスピーディな連絡を心がけています。

施工業者さんは毎日現場にいらっしゃるので、「この工程でこの材料です」と連絡し、私が現場でそのサイクルがうまくいくように調整する形です。「サービスエンジニア」という肩書きですが、現場管理や品質管理といったほうが、一般的なイメージには近いかもしれません。他には、あたらしい材料ができた際の現場試験なども行っています。

トラブルを未然に防ぐコツは“情報収集”。
天候や会話から情報をキャッチする能力が、円滑な作業につながる。

作業の難しさはどんな点でしょうか?

画像

トラブルにどう対処するか、という点です。各所にもれなく連絡をしても、気象条件などによりどうしてもトラブルが起きる場合があります。
たとえば、気温の変化などによって材料が予定通りに固まらないというパターンがあります。量も何キロなどの少量ではなく、何トンの世界。こうなると工期が遅れ、お客様の稼働に支障が出てしまう。そこで大切にしているのが、情報収集です。

材料が固まりにくくなる原因は気温にあることが多いです。そこで、天気予報などをチェックし、「今週は気温が下がるので、材料を別のものに変更したほうがよいのでは?」と、材料元である高砂工場に先に連絡をしておく。または、営業所での他部署ーー築炉や整備関連のみなさんとの会話にもヒントは多く隠されています。
たとえば、「Aという材料の硬化が遅いらしいよ」「最近、Bは固まるのが遅くなってきている」という現場ならではの情報は、どこよりも早く、精度が高いものです。これに耳を澄ませ、さらにこれを高砂工場にフィードバックする。ある種の情報戦ですが、これこそがトラブルを未然に防ぐコツだと考えています。

現場の声を大切に。すばやい対応で、働きやすい環境をつくる。

作業だけではなく、気配りの面が大切なんですね。仕事をやっていてよかった、と思うのはどんなときでしょうか?

やはり現場の人に「先日改善してほしいと伝えたところが使いやすくなったね」と言われると、やっていてよかったなと思います。
私は直接作業をすることはほぼありません。しかし、すべてを見知っているのも私だけと言えます。作業場で「材料のこの部分、どうにかできない?」と言われたり、「ラベルが見にくいからどうにか工夫できない?」と相談される場合、すばやく対処できる“最初のひとり”が私です。

材料に関することなどは提供元である高砂工場に相談しなければなりませんが、ラベルなどのちょっとした点にはすぐに対応できますし、その「すぐできること」を大切にしています。
「見にくい」ということは、ミスにつながる部分。このような小さな部分を改善することが、よりよい現場環境、ひいてはお客様の品質向上につながり、さらに信頼関係にもつながっていると思うんです。

社外との交流があるのがこの仕事のよさ。
休みの日も趣味を通じたコミュニケーションを大切に。

休日の過ごし方を教えてください。

画像

現在は名古屋営業所近くの社宅で一人暮らしをしています。8時には出勤し、17時には退社するというスケジュールなので、非常に健康的ですね。就業後は趣味の時間に十分使うこともできます。
休日は、よくドライブに出かけています。名古屋はとても交通の便がいいので、静岡や岐阜、三重などにも足を運びます。

趣味としては釣りにもハマっていて、黒崎播磨の社員だけではなく、運送業者の方とも休みが合えば一緒に出かけています。外部の方と過ごすことが多いため、社外に交流を持てるのが私の仕事の魅力だと感じています。

地元は福岡のため転勤として名古屋に行くとなったときはさすがに少し寂しかったですが、ジムに入会して地元の人とコミュニケーションをはかったり、仕事上での付き合いができてくると、すっかりこちらの生活にもなじみました。

自然に「ご飯にいこうか?」と声をかけあう。
自分のペースも大事にしながら、相談もしやすい環境。

では、社内での人間関係についてもぜひお聞かせください。

先輩とご飯などにはよく行きます。名古屋営業所では飲み会は多くなく、みなさんいい意味でマイペースといった印象です。終業のタイミングが重なると自然に「一緒に晩ご飯に行こうか?」といった感じで声をかけていただいています。

私は転勤でこちらに来たので、そうやってフレンドリーに接していたただけるのは非常にありがたいなと感じています。最初は本当に何もわからないまま、という感じだったのですが、相談にもよく乗ってもらいますし、いい人間関係だなと感じています。

いつ・どこでも活躍できる”のが黒崎播磨で働く醍醐味。
そのためのチャレンジを続けていきたい。

では最後に、今後チャレンジしたいことや、就活に臨む方へのメッセージなどをお願いします。

画像

現在フォークリフトの資格を持っていますが、クレーン運転などの資格も取りたいですね。今後クレーンを運転する部署に移動することも考えられますし、何より今の作業で知識・情報の大切さを痛感しています。
現状不要なことだとしても、さまざまな設備・範囲の勉強を怠らないでいたい。いつでもフレキシブルに対応できる体制をとっておけば、どんなところでも活躍できるのが黒崎播磨です。

私自身、何も知らないところからこの仕事をはじめました。地元を離れて生活する中でのプレッシャーもありましたが、逆に言えば知らないところからいろんな作業・人に関わり、成長できるのがこの仕事の醍醐味です。
できないと落ち込むくらいなら、自分から飛び込んであたらしいことに挑戦する。仕事や人を通じて自分の世界をもっと広げていきたいという方は、きっと黒崎播磨の仕事を楽しめると思います。